「 大井リポート 」 一覧

QEバブル終焉の始まりか? 米国ハイテク銘柄の落ち込み

 4月に入ってから、米国株式の長期上昇の原動力だったナスダック総合指数の崩れが目立っている。ソーシャルメディアなどのネット関連株やバイオ関連など人気銘柄が値を下げた。  今まで米国市場が強気だった理

続きを見る

デフレ不況に効く金融政策とは?

QEに向かうECB 4月4日の欧州中央銀行(ECB)理事会後の会見で、ドラギECB総裁が、量的緩和(QE)を含む金融緩和策を示唆しました。ECBもQEに向かわざるをえないほどのデフレ・リスクに直面し

続きを見る

ユーラシア大陸全体を震撼させる危機について -すでにロシア・マネーは縮小し始めている-

画像引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/ユーラシア大陸  ウクライナの危機をはじめ、国際情勢が大きく動いています。国際金融市場にどのような影響が及ぶのか、大変注視してい

続きを見る

今、見えている3つの危機

  2014年明けてから、情勢がめまぐるしく変動しています。いつ「想定外」の事態が起こっても不思議ではありません。私たちは、今、三つの危機に直面しています。 三つの危機とは、国際秩序の

続きを見る

バブルの生成と破綻は人間の性: ウォジンローア博士かく語りけり

2014/03/17 | 大井リポート

  アルバート・ウォジンローア博士は、かつてニューヨーク連銀でボルカー氏と机を並べたエコノミストです。クレディスイスなど大手投資銀行でエコノミストを歴任し、金利予想では定評があ

続きを見る

米国バブルとバーゲンハンター達の行方

今週気になるニュースの行方は、以下の3点です。米国経済は経済との乖離がすすみバブルの様相を呈してきました。そのような不安定な中で、ウクライナの問題やチャイナリスクがいつ金融危機の引き金となるか分かりま

続きを見る

危機に備えるプライベート・エクイティ・ファンドの動き

未公開株に投資するプライベート・エクイティ(PE)の行動を観察すると、マーケットがどこに向かおうとしているのかを推し量ることができます。 PEを中心に見たマーケットサイクル マーケット・サイクルが

続きを見る

新興国の政治不安と金融危機について

2014/02/24 | 大井リポート

 ウクライナ、スーダン、ベネズエラ、タイ国では、連日デモ隊と治安部隊の衝突が報じられています。  国際金融市場でグローバルマネーの流れが大きく変わる時、新興国では政治体制が揺らぎ、カントリーリスクが一

続きを見る

拡大するか中国ヘッジファンド

このブログでも、昨年のアベノミクスの上げ潮に乗って、海外ヘッジファンドが日本市場で大きな収益を上げたとお伝えしました。日本株に投資したヘッジファンドの平均リターンは26%(ドルベース:Eure

続きを見る

備えあれば憂いなし:テーパリングとヘッジファンド

2014/02/16 | 大井リポート

 まず、良いニュースをふたつ。  第一に、2月11日に行われたイエレン新FRB議長の議会証言が無事終わりました。量的緩和縮小は粛々と続くこととなり、イエレン議長の真摯な態度は議会の承認と市場の信頼を得

続きを見る

春節、金融パニックの始まりか?

2014/02/03 | 大井リポート

 1月のFOMCで量的緩和縮小を続けることになり、日本を初め、米国、英国、欧州市場で株価が大きく下げました。グローバルな資金は新興国株式などリスクの高い資産から米国債やドイツ国債といった安全資産へシフ

続きを見る

今週注目のFOMC (連銀公開市場委員会)

2014/01/27 | 大井リポート

 先週24日(金)のFT紙トップ記事は「アルゼンチン・ペソが2002年以来の大幅下落」(ペソは前週比15.06%下落)、その下には「米国の設備投資の伸びが4年来の低い水準と予想され、中国の成長が低下す

続きを見る

世界中が求める「成長戦略」と「構造改革」

2014/01/19 | 大井リポート

 デフレ脱却、労働人口の減少、生産性低下に歯止めをかけるなど、どれも日本だけの課題ではありません。FT紙(1月18日付)記事 “Two challenges for the global econom

続きを見る

2014年のヘッジファンド見通し

2014/01/13 | 大井リポート

 2013年には日本株は56%近く上昇し、世界市場の中で最も優れたリターンを上げました。S&P500指数は30%上昇、ヘッジファンド業界平均リターンは11%でした。(ブルムバーグ動画をご覧下さい。)今

続きを見る

シェールオイルでシフトする米の大戦略 朝鮮半島情勢にも影響を

2014/01/10 | 大井リポート

米国のシェール革命はバランスオブパワー(勢力均衡)図を買えようとしています。 エネルギー自足可能となった以上、サウジや中東は米国にとって今までのような経済的重要性はなくなりました。 米国がイランと友好

続きを見る

2014年の日本株の見通し

2014/01/06 | 大井リポート

6日、日経平均株価は一時400円近く下げました。日経電子版では「大発会はヘッジファンドなどによる利益確定売りが膨らみ、先物主導で下げが加速した。一方、先物の影響を受けない東証2部株価指数は5営業日続伸

続きを見る

量的緩和の出口は? 日本への影響は?

2013/12/23 | 大井リポート

米連邦準備銀行(FRB)は、これまで毎月850億ドルの資産購入額を750億ドルに減らす「量的緩和縮小」を公表しました。この程度の縮小はそれほどインパクトがないと市場が判断し、株価上昇が続いています。ま

続きを見る

利権が利権でなくなるとき ロシアの場合

2013/12/23 | 大井リポート

この数日間の海外トップニュースは「プーチン大統領がホドルコフスキー元ユーコス社長を恩赦した」という報道でした。ソ連からロシアに権力構造が大きく変わったときに殖産興業の払い下げで一大勢力となった「オリガ

続きを見る

アベゲドン

2013/12/16 | 大井リポート

安倍政権スタートから早一年。アベノミクスを海外はどう評価しているのでしょうか?   気になるのは、「アベゲドン Abegeddon」(安倍+ハルマゲドンの造語)という評価です。FT紙(1

続きを見る

テーパリングに伴う急激な円高について

2013/12/10 | 大井リポート

このところ103円台の円安です。一般のニュースでは、11月の米国雇用統計で失業率7%に低下し、米国の景気に楽観的な見方が広がり、連銀(FRB)がこれまでの量的緩和を縮小方向に転じる(いわゆるテーパリン

続きを見る

PEのドライパウダーはどこへ

2013/12/02 | 大井リポート

未公開株、M&A、バイアウトなどで活躍するプライベート・エクイティ(PE)ファンド。巨額の投資資金を背景に、欧米では投資銀行に代わる強力な存在です。 量的緩和(QE)でだぶついた投資資金が、

続きを見る

再び株高とテーパリングについて

2013/11/26 | 大井リポート

ダウ平均株価は最高値を更新しています。日本の株価もまた連れ添って上昇しています。多くの投資家がテーパリング(緩和縮小)開始を懸念するなか、株高はいつまで続くのでしょうか? 引き続き、FRBウォッチャ

続きを見る

日銀の異次元緩和は世界にデフレを輸出

2013/11/18 | 大井リポート

先週は日米共に、株価が上昇し、ダウ平均株価は最高値を更新し、日経平均株価は1万5千円台を突破しました。2020年東京オリンピックや消費税増税の決定にあまり反応がなかったのに、なぜここに来て株価がこれほ

続きを見る

株高は続くが、信用市場は不安定

2013/11/13 | 大井リポート

オリバー・ストーン監督「ウォール街」は、1987年に世界的にヒットしました。当時レーガノミックスで黄金期のピークに達したウォール街を象徴するストーリーでした。一方で、同年10月19日に株価が大暴落(下

続きを見る

株価上昇が続くなか、新たな投資機会とは?

2013/10/27 | 大井リポート

 先週はテーパリング(量的緩和縮小)開始時期が遠のいたことで、新興国の株価が上昇しました。米国株も上昇を続けています。S&P500指数はリーマンショック直後の2009年3月に底を打ってから約3

続きを見る

米国の威信を問う、政府閉鎖の影響

2013/10/21 | 大井リポート

バークレイズの推計によると、このところの「政府閉鎖」のコストはGDPの0.25%にも及びます。迷惑を被ったのは米国民だけではありません。特に、FRBの「テーパリング(緩和縮小)」を期待していたグローバ

続きを見る

米国は大分裂状態 鳩派で平和主義のイエレン氏が世界を救う?!

2013/10/14 | 大井リポート

米国の「政府閉鎖」の解除と「債務上限引き上げ」問題は、民主・共和両党がギリギリの折衝が続いています。世銀、IMF、大手投資銀行のあらゆる有力者が、この問題を解決するように呼びかけています。米国が債務不

続きを見る

シリアよりシリアスな「財政の崖」と「政府閉鎖」

2013/09/30 | 大井リポート

  江戸の古典落語「風が吹けば桶屋が儲かる」をご存知ですか。「風が強い日には砂埃がまって目を悪くする、目の悪い人が増えると三味線が売れる、三味線には猫の皮を使うので、町中の猫が減る、するとネズミが増え

続きを見る

テーパリング見送りの真の意味は? FRBウォッチャー山広さんへのインタビュー

2013/09/22 | 大井リポート

今週は、18日のFRBの予想外の決定について、山広さんのお話を伺います。 山広恒夫(やまひろ つねお)さんの略暦。 ブルームバーグ・ニュース・ワシントン支局エディター。1950年生まれ。73年青山学

続きを見る

米大手ヘッジファンド、上海に進出

2013/09/17 | 大井リポート

 「先を超された」と私は感じました。中国は本格的なオルタナティブ投資を始めます。その手始めに、トップクラスのヘッジファンド六社に対して上海が上陸を認めたようです。「上海シックス」と称されるファンドは、

続きを見る

関連書籍

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)
ご職業

関連書籍

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)
ご職業
PAGE TOP ↑