トランプ新秩序。大きな4つの政策

公開日: : 大井リポート | 

先週、米国大統領選挙の投票結果を見直す動議がウィスコンシン州で出され、ペンシルベニア州、ミシガン州でも再集計の要請が出た。この三州は接戦州で、僅差でトランプ勝利となったのが、ロシアによる集計プロセスへのハッキングが取りざたされている。大統領選挙の正当性すら危ぶまれたら一体どうなることかと思いきや、ニュースは感謝祭後のブラックフライデーと小売り売上高に集中し、株式相場にはマイナス影響は見られない。

 トランプ新政権は「アメリカ第一主義」を掲げ、米国が内向きになっていくことに世界が懸念を抱いているが、実際どのような政策が掲げられているのだろうか。まず、米国内では成長戦略が優先課題である。共和党が多数となる議会と共に、新政権は現行の財政支出の制限を緩め、公共工事やインフラ投資を実施し、オバマ政権下の平均2.2%の成長率を倍増させるという。一方、副作用として財政支出の拡大で財政赤字の増加が予想される。ほぼ完全雇用に近い状況での財政支出拡大は、インフレを引き起こすだろう。インフレや金利上昇は2018年以降に景気に悪影響を与えそうだ。FRBの人事もまた18年までにタカ派が主流を占めると予想されている。

 次に、税制改正である。法人税引き下げなど国内事業には恩恵を与えるだろうが、その一方で、多国籍企業が世界で稼ぐ利益を米国に引き戻すような措置がとられるだろう。例えば、大手IT企業はタックスヘイブンのスキームを利用し節税を行ない、収益と株価を上げてきたが、今後は節税の抜け穴を塞ぐような措置が取られるだろう。

 第三に、規制緩和である。トランプ新政権ではシェール増産を目指し、資源開発を進めると見られる。今週はOPECで減産合意が成立したが、米国が増産すれば、原油価格の上昇は考えにくい。資源開発への規制緩和のマイナス面は環境問題への悪影響である。また、金融業界においても規制緩和への期待がウォール街で高まっている。

 第四に、保護主義への移行である。これまでの自由貿易、グローバリズム、市場開放といった政策を方向転換し、新政権は保護主義に向かう。反グローバリズムの流れは英国のEU離脱を押し進めた要因でもあった。来年、ドイツ、フランスでも大統領選挙があり、ナショナリズムや極右の台頭が懸念されている。トランプ新政権が保護主義に走れば、欧州をはじめ、開放経済で成長したBRICs経済にもマイナスとなり、民衆の怒りを駆り立て政治不安を煽ることになるだろう。

関連記事

原油と人民元: 逆オイルショック

 年明けから世界の株式相場が下げ続ける。その要因は何か? 経済・金融のニュースでは、中国リスクや原油

記事を読む

一難去ってまた一難 緊縮財政への反乱や実物資産は上昇か

25日のギリシャ総選挙で、緊縮財政に疲弊したギリシャ国民は急進左派シリザ党を支持した。 チプラ

記事を読む

no image

ジョージ・パッカード先生

ライシャワー博士の昭和史 11月17日の夕方、恩師ジジョージ・パッカード先生の出版記念会が外国特派員

記事を読む

no image

ヘッジファンドとプライベート・エクイティが米国企業金融のメインストリームに

 大手百貨店JCペニー、アップル社、ピアノの名門スタインウェイの経営に、大物「アクティビスト」たちが

記事を読む

アザー・ピープルズ・マネー(OPM)で生き永らえるギリシャはユーロを脅す

このところトマ・ピケティ著『21世紀の資本論』が日本でもベストセラーとなった。社会の1%の人々が富を

記事を読む

マイナス金利の行き着くところとは

 「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがある。何か事が起こると、一見すると関係のないところでその

記事を読む

ギリシャと中国 想定外のリスクにどう対応するか? 

ギリシャのデフォルトやユーロ圏離脱の可能性について、ギリシャは資本統制と銀行閉鎖でモラトリアム状態で

記事を読む

no image

円高、日本株続落

 日本の未曾有の大地震と大津波の爪痕はまるで戦後の焼け跡のようだ。保険という保険会社(生損保、再保険

記事を読む

no image

G2の誕生:軍事空間を超えた21世紀の戦争、新しい安全保障とは?

2012年11月、G2(米中)にオバマ大統領と習近平というリーダーシップが確立した。次の10年、

記事を読む

法王の訪米、FRB、中国、コモディティ、シリア、そしてマーケット

9月21日の週、シルバーウィーク中、世界は大きく動いた。習近平国家首席が国賓としてオバマ大統領に招か

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)
follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    メールアドレス
    名前(姓)
    名前(名)
PAGE TOP ↑