出口を出たアメリカに道筋の見えた欧州、さまよう日本。

公開日: : 大井リポート | 

FRBは、12月14日に予想通り0.25%の利上げを実施した。米国経済が穏やかなペースで成長し、雇用環境も改善されていると言及し、さらに、次期政権が財政を拡大することから、「トランプフレーション」でインフレ圧力が強まると来年の利上げペースは予想よりも速くなるだろう。FOMCでは2017年の成長率を2.1%、インフレ率1.8%と見込んでいる。

 このように、米国は金融緩和策の出口から完全に出たことになるが、欧州ではまだ道半ばである。8日にECBは金融緩和を持続するとしたが、債券購入枠は800億ユーロから600億ユーロに縮小され、また、今後9ヶ月の延長と期限を示した。出口がうっすらと見えてきたようだ。しかし、2017年にはドイツ、フランスで国政選挙があり、これまでEU統一を支えてきたメルケル首相が再選されるかどうかなど政治の不安定化が懸念される。イタリアやギリシャの金融危機がいつ再燃してもおかしくない状況では、強いリーダーシップなしにユーロ圏分裂が始まるのか、欧州統一の理念を試される年となるだろう。

 欧米に対して、日銀の緩和政策には出口が全く見えて来ない。量的かつ質的緩和策、マイナス金利、イールドカーブコントロール、債券やETF購入の続行など盛りだくさんのまま、政府は来年衆院選を実施し、さらなる財政支出の拡大に向かうだろう。そうなると多額の財政赤字増加が見込まれるが、そのウラでは債券価格の下落を下支えするために日銀がさらに購入を増加するという悪循環が起こっている。

 米国では債券の利回り上昇からドル高、株高が続いている。日本ではこれに引きずられて円安・株高が続いてきたが、現状はどうか。師走に入り、中小企業から「景気がいい」という声は聞こえてこない。ある中堅住宅メーカー社長は「マーケットはすでに先食いされている」と語り、住宅のような裾野産業ですら先行きは不透明である。庶民は年末も買い控え、生活防衛モードに入っている。実体経済の成長を伴わない相場上昇は、じつにふわふわしていつ調整が来てもおかしくない。

 さて、ドル高の背後には「再び米国を偉大な国家にする」というトランプ・スローガンがある。次期政権の閣僚人事をみても、マティス国防長官、ケリー国土安全保障長官、フリン大統領補佐官といった軍幹部出身者が名を連ねる。米国のソフトパワーはオバマ大統領とともに去り、ハードパワーの時代に切り替わる。また、エクソンモービルのティラーソン会長兼CEOが国務長官に抜擢されるなど、こうした人事から米国が再び強力な軍産複合体として復活する様子が見えてくる。

 トランプ新政権のリアリティに日本はどう立ち向かうのか。年明け、トランプ新政権がスタートし、今後の米中金融戦争の行方は円ドル相場へ大きく影響しそうだ。

関連記事

no image

日銀の異次元緩和は世界にデフレを輸出

先週は日米共に、株価が上昇し、ダウ平均株価は最高値を更新し、日経平均株価は1万5千円台を突破しました

記事を読む

世界の為替市場、原油安、ドル高が続く

今年は、先進国の中で米国だけがインフレなき成長を続け、ゼロ金利解除へと移行する。 原油下落、コ

記事を読む

no image

2012年のFat Tails

  今年はすべてが試され、旧態依然の権威が地に落ち、どんでん返しが起こるときだと感じている。日本につ

記事を読む

no image

ギリシャ、ロシア、トルコ、そして「アラブの春」

   ユーロの危機は欧州の危機である。ギリシャがデフォルトするか否かは、来週火曜(6月28日)に緊

記事を読む

no image

BRICsのデカップリング

  マーケットは、FRBの2%インフレ目標が達成され、量的緩和縮小(テーパリング)は

記事を読む

QE(量的緩和)の効果が見える米国・英国、道半ばの欧州・日本。

年明け最初の一ヶ月が波乱含みで過ぎ、チャイニーズ・ニューイヤー(旧正月)が明けると、今年のトレンドが

記事を読む

no image

2014年のヘッジファンド見通し

 2013年には日本株は56%近く上昇し、世界市場の中で最も優れたリターンを上げました。S&P500

記事を読む

ドル不足の次に来るものは?

ハーバード大学のラインハルト教授は、IMF報告書で、現在、世界にドル不足が起こり、第二次世界大戦終了

記事を読む

no image

復興トモダチ作戦

 原油価格と金価格が高騰している。バレル当り120ドルを超えれば産油国には莫大な富がもたらされる。石

記事を読む

no image

FRBとマーケットのポーカーゲーム: ウォジンローア博士による金利予測

アルバート・ウォジンローア博士は、かつてボルカー氏と連銀で机を並べた往年のエコノミストです。博士の金

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)
follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    メールアドレス
    名前(姓)
    名前(名)
PAGE TOP ↑