高まる朝鮮半島リスク

公開日: : 大井リポート | 

パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=541545

今週になってから、シリアではアサド政権側がサリンガスを使用するなど、状況が悲惨さを極めている。その報復かどうかは定かではないが、ロシアではセントペテルスブルグで地下鉄テロ事件が起こった。さらに、5日朝、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射した。6、7日に予定されている米中首脳会談の直前に、挑発行為に出たと報じられている。

 米中首脳会談も日米首脳会談と同様、フロリダのトランプ氏の別荘で行われる。北朝鮮は、大量の米国債を保有する日中に対米貿易黒字の不均衡是正を迫る米国にとって、脅威を振りかざす「交渉カードの一つ」にすぎなかった。しかし、今や北朝鮮の弾道ミサイルは米国本土に着弾するほどの技術革新を遂げ、米国にとって深刻な脅威になっている。米国はこの脅威にどう立ち向かうか?

 先だってティラーソン国務長官が日中韓を訪問したさい、「軍事行動も選択肢から排除しない」という主旨の発言をした。トランプ大統領が「禁断のカード」を切る可能性があると、ロイター記事も指摘している。


コラム:トランプ大統領、北朝鮮に「禁断のカード」切るか
http://jp.reuters.com/article/apps-northkorea-idJPKBN17005W?pageNumber=1

 最悪のシナリオはいつか?4月15日の金日成生誕記念日前後か、あるいは米韓合同軍事演習がそのまま本番になり、休戦状態が終わり、朝鮮半島は再び戦場となるのか?その場合、在日米軍基地が狙われ、日本に大きな被害が及ぶのか?

 こうした地政学リスクの高まりと直接関係なさそうなある動きに、筆者は注目している。それは、IRカジノ法案の成立である。さらに、マイナンバー制度が徹底され、パチンコ業界のウラ資金が締め出される。米国は同時多発テロ以降、テロリストの資金洗浄に尽力してきた。日本のウラ金融もそのターゲットになったのである。地政学リスクの面でも、資金面でも日本は米国国防の最先端にある。

 非常時の場合、ドル円が110円を割り込めば、105円まで一気に円高が加速しそうな気配である。まずは、米中首脳会談の行方、金曜の米国雇用統計に注目したい。

関連記事

no image

米国債は打ち出の小づち

 往年のエコノミスト、ウォージンローア博士のレポート(3月15日付)によれば、米国の民間部門は堅調だ

記事を読む

no image

株高は続くが、信用市場は不安定

オリバー・ストーン監督「ウォール街」は、1987年に世界的にヒットしました。当時レーガノミックスで黄

記事を読む

no image

書評:『サムスンから学ぶ勝者の条件』たちばな右近 著 

韓国とサムスン――国家と企業という観点から、グローバル化をひたすら走るサムスン、そしてかつての高度成

記事を読む

no image

ライボーとはランボーな。。。

 知人の政治学者はLIBORを見間違えてリブロ(書物)と発音しそうになった。「ライボー」とすっと言え

記事を読む

夏の間にロシアに何かあると秋口に国際金融市場に大きなショックが走る。1998年のロシア危機、2008年のリーマンショック。

先週ユーロ圏18カ国GDP(4-6月期)が発表された。ドイツ前期比-0.2%、イタリア同-0.2%、

記事を読む

no image

日本発世界金融恐慌の可能性

日本国債は大丈夫? 今回の90兆円を超える予算、赤字国債増発、成長戦略を示せないうえでのコストカット

記事を読む

バブルの生成と破綻は人間の性: ウォジンローア博士かく語りけり

  アルバート・ウォジンローア博士は、かつてニューヨーク連銀でボルカー氏と机

記事を読む

米国バブルとバーゲンハンター達の行方

今週気になるニュースの行方は、以下の3点です。米国経済は経済との乖離がすすみバブルの様相を呈してきま

記事を読む

ギリシャと中国 想定外のリスクにどう対応するか? 

ギリシャのデフォルトやユーロ圏離脱の可能性について、ギリシャは資本統制と銀行閉鎖でモラトリアム状態で

記事を読む

通貨安戦争未だ止まず

この1週間に、グローバルな投資マネーは、株式から債券へと「リスクオフ」にシフトした。そのなかで、中国

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)
follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    メールアドレス
    名前(姓)
    名前(名)
PAGE TOP ↑